株式会社コノル

キッカケはグラビア

ディレクター:吉田 学

本当は山なんて登りたくない

周りの人には「登山の人」というイメージが定着してしまったけど…
本当は山になんて登りたくないんです(笑
疲れるし、遠いし、深夜から運転しなきゃいけないし。
特に秋から冬にかけては寒さが半端ないし、雪が降ったら命がけ。
ちゃんと登山しようと思ったら、想像以上に装備にお金がかかる。
労力・出費に対しての対価がスゴく少ない。
ただ、写真の事となると話は別。
撮りたい画があるから、山に登る。
1枚でも自分が納得出来る写真が撮れたらそれで満足。
山の写真に魅せられてから、オンシーズンは月に2回程、山に登って写真を撮っています。

長野県西穂高
長野県西穂高

キッカケはグラビア

もともとカメラに興味は全然無かったんです。
携帯のカメラで充分でした。
前職でグラビアコンテンツの担当になり、カメラマンの選定・採用から撮影・加工、企画までを行っていた時期があり
カメラマンへ指示出しをするためにカメラのことを勉強したことがキッカケ。
それまで構図を決めてシャッターを押すだけと適当に考えていたんですが、いざカメラマンにイメージを伝えても
なかなか思う通りの仕上がりにならない。
的確にイメージを伝える為にカメラの勉強をしましたが、なかなか理解が難しい。
ならば自分で撮れば良いんだ。と思い立ち、当時の社長から子どもの出産祝いをもらったその足でカメラを買いに。
もちろん、奥さんには「子供の写真を撮るぞー」と言って。(もちろん、子供の写真も撮りますよ!)
「習うより慣れろ」で始めた写真撮影。
プロのカメラマンがいる環境で始めたカメラはとにかく面白く、のめり込む迄に時間はかかりませんでした。
「君にしか撮れない写真が必ずあるはずだ」と言われ、なんとなく自分の写真を模索していた時期もありました。
それまでは自分の追いかける撮影テーマが見つからず、イベントや風景、人物など兎に角気になるモノは撮りに行く日々。
子供の成長を撮るといったミッションをこなしつつ、撮りまくりました。

ブルーインパルス
ブルーインパルス

社内フォトグラファー

コノルでは社内外案件の管理進行、自社企画案件を担当しています。
それと同時に、写真担当として求人用の写真撮影をしたり、社内イベントの撮影を行っています。
いわゆる、写真係…記録係、ですね。
このサイトに使っている写真も、ほとんど僕が撮っています。
カメラという趣味は、仕事でも僕の武器。
ディレクターとしての仕事はスケジュールや全体の状況を確認したり、クライアントと交渉したりと、大変なことも多々あります。
それでも、やりがいをもって業務に取り組むことができるのは、趣味を活かすことが出来る場でもあるからだと思います。
やりたいことをやらせて貰っている。有り難い環境ですね。

仕事中の風景
仕事中の風景
話を聞きに行きたい

MEMBER

MESSAGE

代表からのメッセージ

MEMBER

やりたいことをやろう

APPROACH

やりたいことをするために

JOIN US

いっしょにやろう